お客様の声

新築後のお客様より、お住みになった感想を頂きました。

(オーナー様より頂いた本文、そのまま掲載しております)

●トリプルガラスの家の オーナー様よりご入居後6か月の感想を頂きました。

完成写真は写真をクリックしてください。

これから家を建てようとお考えの方の参考になればと思い、実際にヒーロートレーディングで家を建て、その家に半年住んでみての感想や、担当してくださった広瀬さんのことを率直に書かせていただきます。

ヒーロートレーディングの良かったところ。

① 何度も何度も納得がいくまで家のことを相談できた点 
 注文住宅を建てる上で、この点は何よりも有難かったです。最初に不動産屋から紹介された某工務店では、間取りなどの打合せは2回までと言われました。そんな少ない打合せ回数で一生住む家を決めるなんて信じられないと思いました。大きな会社ほどノルマや効率を求められるのは当然ですが、家を建てる側にとっては一生に何度もあることではありません。
 しかし、ヒーロートレーディングでは広瀬さんが何度も何度もお願いすればするだけ、逆にお願いしていない細かい点まで、打合せを重ねてくださいました。初めての事ですし、打合せをすれば迷う事もたくさん出てきました。同時に、様々な夢や希望も出てきます。家を建てるのが初めてだった私に、一方的に提案するのではなく、素人の私が考えた提案でも真剣に受け止めて、機能・安全性・コスト、建てた後の数十年後の生活など様々な面を考えてベストな答えを出してくださいました。
 さらに、平日は仕事からの帰宅が遅く、また帰宅後は子育てがあるこちらの都合に合わせて、打合せを夜10時前後にお願いする事が多かったのですが、嫌な顔一つせず、いつも笑顔で打合せに来てくださいました。納得いくまで、何度も何度も間取りを変更・調整したので、最終的にはものすごい数の図面を作らせてしまいました。本当にお手数おかけしました。

② コスト面でも納得でした 
 家を建てるにあたり、大きな買い物ですので、もちろんいくつものHMや工務店を回りました。私のイメージ(無垢の床やクロスを使わない壁)を伝えると、全てのHMで予算オーバーという結果でした。一社、リビングだけは杉の無垢材にしても、その予算では他は無理ですとの回答が得られた程度・・・。無垢の床の家を諦めかけていた時に、不思議な縁でたまたまヒーロートレーディングのHPにたどり着きました。
 当初のイメージ以上にすてきな壁、床だけでなく扉やケーシングなど全て無垢材、通常の2×4の家の上をいく耐震・安全性、断熱性能など。そして、それらの住宅性能を支える人たちも魅力的でした。熟練で確かな技術の大工さんや本場北米のドライウォーラーによる施工、安全最優先の確かな建築士とのつながり、現場監督に毎日広瀬さんがいる安心感、事前に満足できるまで相談できる点も含めてトータル的にこの価格でここまでやってくださる会社は無いとは言いませんが、本当に少ないと思います。
 最終的な価格だけを見れば、決して格安な家だとは思いません。しかし、その家の「トータルの質」と、施工する一つの家に全力で向き合い丁寧なお仕事をされることを考えれば、格安ではないでしょうか。私は10社程度の見積もりを聞きましたが、どれも満足いくものではありませんでした。おそらくほとんどの会社が、この値段でこのクオリティーは出せないと思います。また、展示場、広告、CMに莫大な費用を費やし建築費に上乗せする大手のHMと違い、その分まで全てお客様とその家のためにというお考えにも共感できました。

③ 特定の提携会社がないので、縛りが無く自由に家を建てられる 
 ヒーロートレーディングは、標準の仕様でも十分すぎるくらい(見た目だけでなく、耐震性能や省エネ基準でも)の家ですが、防音のためにそれまで標準になかった商品も標準として取り入れてくださいました。(家を建てる場所が騒音の気になる場所だったので、防音について様々な相談にのってくれました。)具体的には、パワーボードやアルゴンガス入りのトリプルガラスを取り入れてくださいました。個人のビルダーなので、契約上この商品を使わなければという縛りが無いようでした。また、新商品を取り入れる際は、各メーカーの担当者と価格だけでなく性能面の確認をしっかり行い、必要な場合は、実際に遠方の商品工場まで、実物を見に行かれていました。

④ 実際に住む人のことを、しっかり考えてくださる。
 広瀬さんはとても真っ直ぐで正直な方でした。なので、いいかげんな事は言わず、わからないことはきっちり調べてから返答してくれました。施工方法や商品についてメリットばかりを話すのではなく、考え得るデメリットもきっちり教えてくれました。また、コストや見た目だけでなく、ご自身の多くの経験や知識から、様々な点を老後のことまでトータルで考えて、アドバイスしてくれました。

⑤ 安心・安全へのこだわり
 安心・安全への強いこだわりが感じられました。2×4住宅というだけで素人の私は安心してしまうが、ヒーロートレーディングの家の柱の多さと広瀬さんの真面目さに加えて、それ以上に設計士さんが堅実な設計士さんという影響もあります。まだ建ててから大きな地震を経験していないので、確証はありませんが(できれば一生経験したくないです)、耐震性の面でもとても手堅い家を建てられたと感じております。

⑥ 雰囲気も体感温度もあたたかい 
 ドライウォールと無垢材の室内は、完成すると「品」があり、印象としては柔らかくあたたかい雰囲気がします。(ドライウォールの色も心理面では影響すると思います)家具がない段階でも、一般的な建売住宅のような見た目の無機質な冷たさが無く、住んでみて「ホッ」とできる家です。
 断熱性能が高いので、実際にもあたたかいです。真冬の帰宅時でも前の家より室温が高く(体感でわかるほど)、無垢の床の上を裸足で歩いても、一般的なフローリングのようにヒヤッとする感じはありません。

⑦ 見えなくなるところにもこだわる
 性能を追求するが上に、構造上後から見えなくなってしまう場所(壁の中や床の下など)にも、ここまでやるのかという位にやたらと「こだわり」をもって施工されていると感じました。(見えなくなる前に、ぜひちょくちょく現場を見に行ってください。それがわかると思います。)

⑧ 担当者が一貫しており、途中で変わる事がない 
私の場合は土地を最終的に決定する段階で、すごく悩みました。そんな時、広瀬さんは土地の現場ま
で何度も足を運んで、自分の利益抜きにして正直に良い点・悪い点等を教えてくれました。土地探しや土地の決定から始まり、ローン相談、設計、建築時の現場での説明や毎日の現場監督、引き渡し、アフターケアまで、全て一貫して広瀬さんが受け持ってくれるのは、大きな安心材料でした。

⑨ 家を建てている広瀬さんが楽しそう
 この点は、私の主観になりますが、広瀬さんは自分が納得できる良い家を建てるのが(特に考え抜いた設計イメージを実際の形にしていくこと)楽しくて仕方ない様子でした。ブラックコーヒーを飲みながら図面と向き合う真剣な表情とは別人かと思うほど、家の話をする時はいつも楽しそうです。だからこそ、たくさんの打合せも、苦にならず笑顔で重ねる事ができました。
 嫌いな物を嫌々造っても、良い物はなかなかできないと思います。大好きで楽しいからこそ、より良い物を追求して、ここまで丁寧な仕事ができるのではないでしょうか。

⑩ その他 
 土地のことまで考えて、設計段階で日照までシュミレーションしてくれました。日当たりを重視していたので、設計段階で家への太陽光の入り方がわかり、参考になりました。


ヒーロートレーディングの△なところ
上記の感想だけでは、会社のまわし者のような気がしてきたので、△だと思う所も素直に書かせていただきます。

① 最初は正直心配でした 
 小さなビルダーで、HPはすてきですが、ネットで検索しても大手や中堅HMと違い口コミや評判すら見当たらず・・・。初めてお会いする時は、一生に一度かもしれない買い物という点では、正直「大丈夫だろうか・・・」と心配でした。
 多くの大手住宅メーカーの方が、大手という安心感はあるかもしれません。しかし、よく考えると、大手ほど現場はノルマに追われた施工を余儀なくされ、莫大な人件費と広告費、展示場の建築・維持費まで上乗せした建築費を払うことになることに・・・。
 もし本当に信頼できる建築会社であれば(この点は大前提ですが)、会社が小さいからこそ、小回りが利いた丁寧な仕事をしてくださり、実際の自分の家に対してお金をかけてもらえるのではないでしょうか。結果的にはコスパの良い家が建つのではと私は思います。

② 決めていくことが本当に多い 
 間取りはもちろん細部のパーツやその色まで、話し合って決めていきます。そのため、打合せ回数や内容も、かなり多くなります。私の場合、間取りだけでも数えきれないくらい作っていただきました。徹底的に相談して納得のいく家を建てたい場合には、とてもオススメです。逆に、特にこだわりはないし、とりあえず住めればOKという人にとっては、この打合せは大変疲れる作業かもしれません。予想以上に、とことん注文建築でした。

③ 無垢素材が故の床や扉の収縮や反り 
 この点はヒーロートレーディングのというより、材質故という点です。見える部分全て(床、扉、ケーシング、巾木など)が無垢の木材なので、当然の事ですが自然な反りや収縮は出てきます。実際に半年住んで、そこまで気になる部分はまだありませんが、パインの扉は、多少反りが大きいように思います。広瀬さんは無垢材の特性として、収縮や反りが出てくる事を事前に何度も丁寧に(5回は聞いたと思います)説明されていました。また、私は「木」だし、そうならない方が不自然と考えるので、「気」にはなりませんが、気になる方はなるかもしれません。

④ ドライウォールのカラーサンプルは2000色以上
 これはしっかり選べる人にはメリットでしょう。しかし、優柔不断な私にとっては大問題でした。選べる色が多過ぎるのです。そして、微妙な色の違いまで考慮して、実際に広い壁に塗ったらどうなるのかを考えると、全く決められず悩みに悩みました。せっかくのドライウォールなので、場所によっては多少の冒険も面白いかなと考えてみたり・・・。でも、家で冒険するのって、私のような人間には勇気がいる作業でもあり。なかなか難しかったです。

⑤ 部屋の雰囲気に合わせて、家具を選びたくなる。 
 もともとすてきな家具をお持ちの方には問題ないのですが、私はそうではありませんでした。きれいなドライウォールに無垢の木の部屋。さすがの私でも家具を少し考えなくてはと思いました。以前はリビングに置いても馴染んでいた、安物のカラーボックスやプラの衣装ケースを置きにくいというか、置いてしまうのがもったいない部屋の雰囲気です。と言いつつも、現在私はプラのケースを置いていますが・・・。そのうち家具も揃えていかねばと夢みています。

⑥ 天上の梁や支え壁 
 安全性を大切にされているが故に、次のような事もありました。リビングを広めにしたところ、支え壁や天井の梁が必要となりました。建築士によっては、このくらいならいいんじゃないとなる場合もあるそうですが、そこは真面目な広瀬さんと、その上をいかれる堅実な建築士さん(そのため、強度不足による不具合等のクレームは一切無い方だそうです)。2×4の特性や、安全上の必要性について十分説明をいただきましたが、でも天上に梁がドンと出てくるのが、私は嫌でした。そんな気持ちを素直に相談すると、広瀬さんはTJI工法の話(梁を出さずに天井を仕上げる補強方法)を教えてくれましたが、プラス費用がかかるとのことでした。何とか費用をかけずに、梁をコンパクトにできないか相談したところ、広瀬さんは何と構造計算専門の建築士さんと相談してくださいました。(我が家のような2階建ての家では構造計算の法的義務はないのに)その結果、4×14という2×4のお化けのような太い梁を通すという結論に。支え壁は残りましたが、天上からほとんど出ないコンパクトな梁にしていただく事ができました。広瀬さんありがとうございました。

 長くなりましたが、何が言いたいかというと、家とそこに住む人の安全性を重視されているので、その点を度外視した、奇抜なデザインを最優先するような提案は、通りにくいのかもしれませんという事です。

⑦ 外構は別に自分で作る必要がある
 この点についても広瀬さんより事前に説明がありました。ヒーロートレーディングはあくまでも家を建てる会社です。(もちろん駐車場や庭の事まで考えながら家を設計はしてくださいます)HMによっては、下請けの外構会社等と提携して、家と外構をセットでというところも多いですが、ヒーロートレーディングの場合、外構は自分で別の会社にお願いする必要があります。


最後に・・・
 たくさんの打合せを重ねる中で、広瀬さんは家づくりに対するご自身のこだわりはもちながらも、常にこちらの気持ちや要望に寄り添い、いい家をつくろうと毎日夜遅くまで全力で取り組んでくださいました。建築費用や防音の面でも、無理難題をたくさんお願いしてしまいましたが、いつも丁寧に対応してくださりありがとうございました。CMや大型の住宅展示場では満足いく結果を得られず、無垢の床という夢を諦めかけていた私にとって、ヒーロートレーディングは、まさしくHeroのような会社でした。私の人生において、家づくりはおそらく最大級に大きな買い物です。そのタイミングで広瀬さんに出会えた事は本当に幸運でした。その夢を叶えてくださったヒーロートレーディングと広瀬さんに、心より感謝を申し上げます。

●レンガの家のオーナー様より、新築後3か月で頂いた感想。

完成写真は写真をクリックしてください。

広瀬さん

長くなりそうなので項立てして記載します。
●プランニングと打ち合わせ
契約金など一切なしで納得いくまで間取りや設計の概要など打ち合わせてくれました。その期間はおそらく4ヶ月くらいあったのではないでしょうか、消費者としては大変ありがたいです。週末を潰さない方針で、平日夜中でも海外出張中でもメールやテレビ電話などを介して毎日相談に乗ってくれました。面会での相談もいいのですが、移動時間など無駄なので、こういった融通を効かしてくれるところは非常に助かります。契約時においても、それまでに話した内容と建築家が現実を加味して図面化した内容の違いと理由、それに関する料金など全て納得するまで説明いただき、納得して契約できました。また、プランニングの回数に制限なく何度でもしていただけるのもとてもいい点です。候補の土地を提示して
、実際に購入した土地まで全部で4件プランニングしてもらいました。

●土地さがし
実際に条件を提示すれば公開情報を元に探してくれます。私は土地はまた別の目線で見てもらいたかったので、千葉の個人業者にお願いしました。この不動産屋さんとも密に連携を取っていただき、スムースに土地売買から建設まで進めて頂きました。

●耐震
耐震性においても外部の構造計算の専門家や一級建築士から得たエビデンスを元に正直に説明してくれます。いままで何十時間かけてプランニングした後でも、専門家から耐震性の懸念を示されれば、隠すことなく白紙に戻してやり直してくれます。我が家は広いリビングがありますが、耐震等級3を取得しています。

●断熱性および気密性
現在はじめての冬を迎えていますが、家は暖かすぎます。実際に建築途中を何度も見ていますが、発泡断熱が切れ目なく入っており、木製low-e
二重窓、木製フローリングと厚い床板で断熱は非常に高いです。気密性においても、発泡断熱で気密までしっかりと取れており、またそれ以外のあらゆる隙間をコーキングしています。大工さんが見落としてしまいそうな小さな隙間にも、広瀬さんが現場でコーキングしてくれます。実際にC値測定しましたが0.4でした。私は家の性能は見てくれよりも重要視していたので、この性能は絶対でしたが、一条工務店を超える性能を達成いただけました。他の家でもC値が同じ程度または1以下を毎回出すことが示されていると、一定したクオリティの高さがより証明できることになりますね。

●地盤改良と基礎
地盤調査はスウェーデン式で必ず行い、行った業者の意見のみならず他の地盤業者にも地盤改良の必要性の意見を求め公平な意見で地盤改良の必要性を提示してくれます。基礎においても、建築家の意向もしっかりと反映されてかなりピッチの細かい頑丈な基礎となりました。こちらの要求通り基礎一体打ちにしてくれました。一点懸念としては、気密と断熱の観点から風呂場付近の人通口に対して断熱材を施工予定でなかったことですが、こちらの指摘にすぐに対応いただけました。

●内外装
内装においては実際に建てられた家をみて納得した通り、非常に質の良い建材を標準で使用しています。他のビルダーの内装の仕様とよく比べましたが、この料金で提供しているところは見たことがありません。実際に住んで見てもそうですが、無垢材とドライウォールの見た目と快適さは格別です。
外装ですが、まず外壁の下地合板は他社よりも明らかに厚い12mmをしっかりつかっており、タイベックでしっかりと防水したのちに、胴縁が通気性を考え施工されていました。外壁材や屋根材の選択も豊富でメリットデメリット考慮した上で提案がありました。

●内装建材
キッチンや洗面や風呂など制限なく選択は可能ですが、こちらもご経験からいくつか良さそうな商品を提示してくれました。他社とはことなり、提携メーカーという縛りがないので自由なところも良い点です。風呂の施工で、風呂メーカーが失態をおかしましたが、その際には価格交渉や無償修理など率先して対応してくれました。

●外構
外構は外構業者さんが行いますが、完成前から外構屋と連携頂き、忘れがちな残土処分なども効率的に進めてくれました。

●アフター
決まったアフターフォローの制度は無いようですが、建築時と同様に何かあればメールや電話で質問させて頂き、対応してくれています。無垢材のメンテについても丁寧に教えてくれます。先日は外壁の追加コーキング、鍵の修理、内装の微修正でそれぞれ訪問して無償で補修頂きました。

●料金
広瀬さんの価格が相当リーズナブルであることは予想していましたが、エビデンスを取るために類似の仕様で他社2社に見積もりを取りましたが、500-1000万ほど高い額を提示されました。広告や展示場や営業を持たずにされている分、確実に他社よりも安く、同じかそれ以上の質で建築できることは間違いないです。また、契約後の料金の増減は、別途増減表で管理され、提示は明快です。契約時に安く、その後不当に増額される事はないです。個別のパーツ代金とそれの施工費や諸費用が上乗せされていることが、各パーツごとに明確に提示されます。また、施主がパーツを別途購入することにも嫌がりませんので、されたい方は施主支給されても良いと思います(ただ施主支給で粗悪品を提供するリスクは付きまとい
ますが)。

●大工さん、現場監督、その他
無垢材とドライウォールに着目しがちですが、広瀬さんが提示する家は性能が非常に高いです。これは使っている建材そのものの良さ以外に、家建築で最も重要である施工の良さが挙げられると思います。実際に私が広瀬さんに決めた最大の理由は、広瀬さんが現場監督としてほぼ毎日現場に通い、大工さんとしっかりとしたコミュニケーションを取り、細かな質問に対応し、時にサポートする姿勢が他の現場で見ることができたことです。実際に我が家の建築時も広瀬さんは毎日通われ、我々が訪問した際にも大工さんとの連携の良さは一目でわかりました。図面は良い建築家が描いたとしても、実際の施工はいい加減ということは珍しくないと思います。広瀬さんの建てる家ではこの心配はゼロでしょう。これは
、個人で事業を展開している責任感の表れでもあり、だからこそ我々としても建築を依頼する決め手となりました。

●注意点
私は趣味で家の構造などを学習するのが好きで、ある程度の知識をもって新居の建築に挑みました。今後建築を検討されている方には、家について詳しい方もそうでない方もいると思います。広瀬さんに限らずビルダーには、経験的にこうだからこう、と提示してくる場合が時々あります。ただ、なぜ?、と毎度聞くようにし、納得するまでなぜ?を繰り返すと、意外に他の提示に変更される場合があり、結果的にはそれがベストだったりします。全てを鵜呑みにせず、色々と反論することも必要ですし、広瀬さんはそれに対して追加料金や嫌な顔を見せることはありません。

建築現場には可能な限り行くようにした方がいいと思います。とくに合板で内装が隠れる前にです。構造上に大きな間違いはないか、壁補強はしっかりと住んだか、電気の位置は間違いないか、断熱材の切れ目はないか、気密が甘いところはないか、など自分の目で確認する方が納得度も増します。大工さんとも仲良くなれますし、人対人の仕事ですから顔が見えた方がお互いに良い結果につながることは間違いありません。

大きな建築会社のように直属の下請けがないこともあり、工期は少し長めになる傾向があるかもしれません。ただうまくスケジューリングをして可能な限り工期の最短化を図ってくれるので、許容範囲内だと思います。

標準仕様というものはありますが、なんでも変更可能なので、決めることが非常に多いです。本当に細かい仕様、例えば数センチ動くとかそういったことまで、明確にするためにやり取りがあります。とても良いことですが、決めることが多いので、優先順位をあらかじめ決めておくと良いと思います。

プランニング時も建築時もアフター時も、遠慮なく聞くこと、要求することが重要です。遠慮する必要はなく、嫌な顔1つせずに対応してくれます。

インテリアデザイナーの専門知識を持っている人はいませんが、カーテン屋や家具屋にまとめてアドバイスを受ければある程度のことは済んでしまいます。

住宅ローンが組めない銀行がまれにありますが、ほとんどは組めるので大きな問題にはなりません。事前に決めている銀行があるのであれば、聞いておいた方がいいでしょう。

耐震等級のみではなく長期優良住宅の承認の方が長い目で見た時に、税制上優遇度合いが高いです。我々はそのことをすっかり忘れてしまっており、耐震等級と家の性能の高さ(自分たちの評価)でOKとしてしまいましたが、家の公的な価値をしっかりと提示するためにも公的なレッテルである長期優良住宅の認可をとることを勧めます。広瀬さんの作る家は余裕で認可されるクオリティです。

●造作キッチンの家 のオーナー様より 新築後約2年の感想を頂きました。

完成写真は写真をクリックしてください。

広瀬様

ご無沙汰しております。
お返事遅くなってしまってすみません。夜泣きが大変です笑

ホームページ、一段とかっこよくなりましたね。
家で撮った家族写真といえば、年賀状のものくらいしかないのですが・・・

2年間の感想ですね。

建築中からアットホームな雰囲気でした。ビジネスライクな部分は感じず、ここをもっとこうしたい!というのが
お互い言いやすい雰囲気でした。良い家造りは良い建築環境から。それは工務店だけでなく、買う側の努力も必要です。
「こんな風にしたい」には、沢山の建物を見て、どんなものがあるか、どんな生活にしたいのか。それらを理解してもらう必要があります。
一生の買い物のために少し勉強をすれば、夢が叶う環境がここにあるのです。
広瀬さんは断熱サッシや無垢フローリング、ドライウォールばかりをおすすめしますので、不安に思う事があるかも知れません。
それらの機能や装飾は、安心できる建物があっての話ですから。
アットホームな工務店ですので、テレビCMでやっているような最新の耐震機能はありませんが、安心できる設計士さんに設計してもらっています。
建築中の建物を見てみてください、梁の多さ、基礎の厚さ、配筋ピッチの細かさに驚くかと思います。
また防蟻処理に関しても、長い保障の安心できるものと検査があります。地盤の検査についても確かな検査です。
広瀬さんには当然のことで説明されないかもしれません。不安なことは聞いてみてください。

住み心地に関しては、断熱サッシ×無垢フローリングは快適です。
暑さも寒さも柔らかい。特に夏は、冷房の設定温度は28度で快適。
冬場は結露せず、裸足で踏む床も冷たくありません。
ただし日の光も断熱するので、縁側は明るいのに全く温かくありません。冬場は暖房必須です(但しもちろん省エネですよ)。
何よりドライウォールとの相性がよく、雰囲気がいいです。そこらのレストランより全然雰囲気が良いです。本物ですから。