アメリカの家とカナダの家一般住宅の内装と外観写真


【Drywall & 無垢材の家】

アメリカの家とカナダの家
一般住宅やモデルハウスの内装 外観写真



●アメリカとカナダの家に、ビニールクロスは使いません。水性ペイントで仕上げた ドライウォール の室内壁が主流です。

●個別エアコンは使いません、殆どの家が全館空調です。(日本の機械より安いです)

●床はカーペットの家も多いです。

●室内のドアやモールディングは白で統一するのがトレンドのようです。

●ドアやモールディングは無垢材の塗装品で、再塗装を繰り返し使い続けるのが北米スタイルです。



アメリカの家 外観
(ペンシルベニア州・バージニア州の家) 


アメリカの家

アメリカの家 内装
(カルフォニア州・アトランタ州・ペンシルベニア州の家) 


アメリカの家ドライウォールの室内

カナダの家 外観
(BC州バンクーバーの家)


アメリカの家・カナダの家

カナダの家 内装
(BC州バンクーバーの家)


アメリカの家・カナダの家室内





米の家にクロスは使いません
水性ペイント仕上げ
Drywall(ドライウォール)


火災時でも燃えない
壁の角がアール(丸)くなる
耐震性、気密性が高くなる
クロスの張替えのように廃棄物を出さない
室内色は2000色の水性塗料から選択可能
日本の漆喰に似た美しい仕上がり(ドライウォール施工例)
自分で補修や再塗装が出来るので、いつまでも美しい室内空間を維持する事が出来る



【ドライウォール& 無垢材の家】
本物の北米住宅をお建て致します

輸入住宅


日本の家は、新築時がピークの美しさで10年もすると壁紙が汚れ、合板フローリングの一部が剥がれ。ドアも汚くなってしまいます。塗装も出来ないので薄汚れた感じに・・・すると愛着も薄れメンテナンスも最小限・・・・家の寿命も短く・・・・50年後に解体??

北米の家のように、手軽なメンテナンスで、いつまでも美しい室内空間を保てる事が重要だと思います。

北米では築100年の木造住宅も珍しくなく、新築も中古もさほど変わらぬ価格で取引されています。築30年ぐらいでは築浅物件です。北米では家を解体する事はまずありません。中古住宅を購入し、室内の再塗装を行い自分の好みにリノベーションするのが一般的です。