本物の北米輸入住宅

動画で室内と外観をご覧になれます。

本物の北米輸入住宅とは、ドライウォールの室内壁+フィートモジュール2×4・2×6工法の家のみです。神奈川県・東京都で性能とデザインを重視した本物の北米輸入住宅をお考えの方、是非お声掛けください。

デザインのみ洋風にして 輸入住宅として販売している会社が多い事に嘆かわしく思います。北米の住宅関係者が日本に来て、そのような家(なんちゃって輸入住宅)を見て笑っています。"この家は日本スタイル???" "日本人はビニールを被って生活してるの??" 苦笑・・・
理由としては、北米の家には住宅の性能は勿論、デザインやメンテナンス性を重視して100年先まで考えた家造りをしているからです。

ドライウォール + フィートモジュールの2×4・2×6工法のみが本来の性能を発揮できる本物の輸入住宅と言えます。

●ビニールクロスについて
北米の家に、ビニールクロスは使いません。室内壁はドライウォールと言う燃えない、耐震性、気密性、メンテナンス性に優れた壁が一般的で、弊社では標準仕様としています。
室内にビニールクロスのように直ぐに燃え、且つ有毒ガスを発生させるような危険な材料を使うのは日本だけではないでしょうか?
(北米の住宅関係者が特に驚くのは、室内にビニールクロスを使っている事です)

●フィートモジュール2×6 2×4工法
日本の尺モジュール2×4、2×6工法は北米には存在しません。これを偽物とは言いませんが、本物である耐震性の高いフィートモジュールで建築いたします。

●間取り・デザインについて
北米の家の特徴として物干用のバルコニーが無い、トイレ、洗面が一室になっているなどがあります。これは、生活習慣の違いですので真似する必要は無いと思います。

しかし、廊下や階段の幅は日本の家が910㎜が一般的なのに対し、1015㎜、1218㎜が一般的です。家全体が広いから当たり前ですが、日本の家でも1015㎜ぐらいにするのが安全であり且つ余裕を感じる家となります。この辺は真似をしたいところです。

あとは、吹抜けや勾配天井を利用した天井高さや、外観デザインに特徴があります。

北米の家の良い所は真似て、後はお客様の生活スタイルに合わせた間取り作成をさせて頂きます。

●建物の基本的な仕様は、弊社標準仕様 ドライウォールと無垢材の家 となります。
ドライオールや無垢材、木製サッシなどは標準仕様としています。このシリーズ(本物の北米輸入住宅)ではデザインに特化した家造りをしたいと考えております。

 

輸入住宅動画

下のパースをクリックすると間取り図、そして室内と外観においては動画をご覧になれます。

輸入住宅1 (ドライウォール+フィートモジュール)


輸入住宅2 (ドライウォール+フィートモジュール)


輸入住宅3 (UFOのような間取り図です。ドライウォール+フィートモジュール)

 

建物の仕様詳細は下のボタンをクリックしてください。