ドライウォール 耐火性

ドライウォール 耐火性

火災から命を守る燃えない室内壁 ドライウォール

ドライウォールの主原料は石膏を基とし、硫酸カルシウムが結晶化された水と化学融合しその塗膜性能を維持しています。ドライウォールを加熱すると含有成分が蒸気となり発生し、その蒸気の発生が延焼を遅らせ、大切な家族を火災から守る事が出来ます。

火災の死亡原因として煙があげれられます。動画でも確認出来ますが、この真っ黒な異臭を放つ煙も大きな要因ではないでしょうか?

ドライウォールの水性ペイント仕上げとクロスの耐火実験 動画

 

燃えない室内壁 ドライウォール

ドライウォールとクロス耐火実験


クロスの場合  3秒もすると黒煙を放ちいっきに燃え上がってしまいます。

燃えるクロス

直ぐにも燃えてしまうクロスが家の天井と壁に貼り付けてあるのです。怖くないですか?

ドライウォールとクロスの耐火実験