ドライウォール 耐震性/気密性

ドライウォール 耐震性/気密性

ドライウォールの大きな特徴

●ボードとボードの接合箇所は地震などの揺れに対しどうしても、弱い部分であります。ドライウォールとは、この接合箇所を 補強して耐震性を高め且つ気密処理をする。

●耐震性をより高めるに、通常より大きな石膏ボード(4×8)を使い接合箇所を少なくする。その接合箇所は補強する。

ドライウォールの構造


接合箇所の補強により、壁全体が一体化された ドライウォールの壁は、より高い耐震性能と気密性を発揮するだけではなく、美しい仕上がりとなる魔法の壁と言えます。

石膏ボードの全てのつなぎ目はテーピングとパテ処理を行います。

写真のテーピングをしている部分のボードは僅かに凹んだ特殊なテーパーボードと呼ばれる石膏ボードを使用しています。この窪みにテーピングとパテ処理を行う事でボードどうしが強固につながり耐振性と気密性を高めます。日本でこの工法を正しく施工する会社は少ないと思います。


石膏ボードが横に貼られています。日本の家ですと縦に貼るのが常識ですが、ドライウォールは地震の横揺れに対し強くする為に4×8の大きなサイズの石膏ボードをレンガ貼り(互い違い)にします。これがドライウォールの正しい施工であり、フィートモジュールの家だからこそ出来る施工方法なのです。この施工を行ってはじめて2×4・2×6工法の本当の耐震性能を引き出せると言っても過言ではないと思います。

ドライウォール耐震と気密処理


写真の白い部分はパテ処理を行った場所。全てのつなぎ目、ビスの跡も処理されています。このパテ処理は計3回行われ、表面を均一すると共に石膏ボードを一体化させ、より強固な耐震性を持たせ且つ気密を高める目的もあります。
ドライウォールの水性ペイント仕上げは、クロスのように凹凸がないので、ごまかしが効きません。ちょっとした凹凸が照明により影になってしまいます。まさに、職人技と言える工法です。

石膏ボードの種類・大きさ・厚さが違います


天井と壁共に、厚さ12.5㎜ サイズ4×8(1200×2400) のテーパーボードが標準。このサイズは普通の大工さんでは天井に貼れません。日本の家では、サイズ3×6(910×1800)か3×8(910×2400)のVカットボードが一般的です。厚さも天井に9㎜を使う会社が多いです。小さなボードを細かく貼るより、大きなボードを使いつなぎ目を少なくした方が言うまでも無く耐振性は上がります。